星空のように

特に男性には、受け入れがたい

うーん、ちょっとつらいかも。
角田光代さんの本で読んだことがあるのは
「しあわせのねだん」というエッセイだけで、
そのとき感じた印象は
実にさばさばとした気持ちのいい女性、だった。

だから今回、題名に惹かれて、「しあわせのねだん」の
角田さんに惹かれて、装画を担当しているトヨクラタケルさんに
惹かれて読んでみたら、ぎょっとしてしまった。
途中で読むのを辞めるのは悔しいから読破したが、
読んでいながら「早く読み終わろう」と思うぐらい
なんというか、希望とか明るさが感じられない短編集でつらかった。
だからといって深い絶望とか、裏切りとか、
そういうわけでもないが、淡々としているのが余計に
じりじりとつらさを増していくような気がしたし、
「え!ここで終わるの?」というような終わり方に
宙ぶらりんになってしまった気がした。


特に男性には、受け入れがたい作品かなあと思う。

ほんの些細な悪意のゆくえ
ふとした日常、誰の心にも影を落とす小さな黒い塊のような悪意が、
ちょっとしたことで揺さぶられたり呼び覚まされたりしてしまう短編集。

特に「うつくしい娘」は、やるせない涙を誘った。
昔は美しいと言われ、今も若く見られ喜ぶ一人娘を持つ工場で働く母。
そんな彼女は悪感情を溜め込んだ醜い娘との息苦しい生活を強いられていた。
虚しさと絶望感から娘へ殺意に近い感情を徐々に膨らませてゆく中、
娘の身に危険が及んだときの彼女の母親としての心情、悲しき姿に胸が痛んだ。
表題作「おやすみ、こわい夢を見ないように」では、
元カレに執拗な嫌がらせを受け学校で孤立している女子高生が、
ひきこもりの弟の協力を得て復讐へのトレーニングをはじめる。
いざ元カレを前にして、ふがいない態度を取ってしまった彼女が
その苛立ちの矛先を向けた相手が……とは意外だった。
「私たちの逃亡」は、周囲の人間への敵意をむき出しにし抱え込んだまま
自分の世界に閉じこもってしまった少女を、そこから逃げ出した少女が
記憶をたどり見つけ出そうとする物語。
前者の少女が抱く憎悪の塊、わからなくもない。
それだけに彼女のその後の足取りが非常に気になった。

角田さんの毒気を帯びた文章が、それぞれの主人公たちの暗い方向へ
傾いてしまう心理をリアルに描いていて、後味は決して良くないながらも
暗い濃い世界観を堪能できた。

タイトルと装丁は可愛いが
子供の話かと思って書店で手に取って読みました。
ちょっとイメージとは違いました。作者の得意とする普通の人が体験する怒りやら、楽しみやら、安堵だったりが根底にはあります。

読後感は正直気持ちのいいものでは有りません。夫婦関係の些細な溝だったり、担任教師への憎しみ、我が子への憎悪。誰でも持ってるかもしれない、もしくは感じる可能性のあるそういった感情にスポットライトが当てられています。ある意味閉じられた世界の持つ恐ろしさを感じる作品でした。
ファンにとってはコレクションの1つでしょうが、代表作にはならないでしょうね。

おやすみ、こわい夢を見ないように (新潮文庫)
角田 光代

プラダスポーツ
[PR]
by yukaning1 | 2010-10-16 23:13 | 注目