星空のように

タグ:金井 美恵子 ( 1 ) タグの人気記事

鼻持ちならなくて面白くて

意地悪
「作者の目線」が遺憾なく発揮。作者にしては有り難く読みやすい。くみしやすいという訳ではないのですが。誰を指したわけでも、伏せ字にしたわけでもないのにあれは自分のことだと言う人間たちがいたとかいないとか。

賢くて意地悪な本
高橋源一郎は金井美恵子のことを「賢くて意地悪なひと」と評していたが、まさにその通り。この本を一冊読むだけで作者の頭の良さは十分に伝わってくるし、意地の悪さは十二分に伝わってくる。
過去と現在が錯綜し未来について数行で語られる。そして延々と過去の描写が続いたりする。非常に読者に不親切な書き方をしているのだが、そもそも作者は読者に親切であろうなどとは思ってないようだ。
作中に登場する「現役作家」の文章では様々な作家の文章を引用し痛烈に皮肉ったりもする。ただ、読書量の豊富でない僕にはどの文章が誰の文章なのかちっとも分からないのが少し残念だった。
僕には少し、合わなかったかな。
にしても、時折挟まれるセリフに頷かされることがあったことも事実。技量のある作家さんだと思います。

鼻持ちならなくて面白くて
金井美恵子の本は読んだのがまだ3冊ですが,
非常に不思議な感心のさせられ方をします。
少女というものは大概,鼻持ちならなくて,人と生活の表れ様すべてを見下しているものですが,
少女を極めると金井美恵子になるなぁと言う感心です。
本小説は不思議なつくりをしています。
文章教室に通い始めた主婦(モノローグのあふれる不倫実行中)とそれを取り巻く人々を,典型的文学文章で彩って,
才能の無い文章と愚かしい男女を徹底的に唾棄し,意地の悪さ全開で物語りは進みます。
うまい,うますぎるっていう感動と
身も蓋もなさすぎるよっていう感歎に身を任せて,するるるるんと一息に読み終えました。
ああ,少女になまじっかあふれる才能を与えてしまうと,おばさんになれずに金井美恵子になってしまうのだ。恐ろしいことです。

文章教室 (河出文庫―文芸コレクション)
金井 美恵子

カネボウ
[PR]
by yukaning1 | 2010-10-17 15:00 | 注目