星空のように

タグ:ベートーヴェン ( 1 ) タグの人気記事

それぞれの牧歌的光景を思い浮かべる

べートーヴェンが想像した田園光景、ディズニーのギリシャ神話の牧歌的な光景…どっちも一緒?
「ファンタジア」の5曲目が、このベートーヴェンの交響曲第6番「田園」。

「ファンタジア」ではベートーヴェンが思い浮かべた牧歌的な光景を、ギリシャ神話に例えてみたようですが、なんとも心癒される出来でした。

一人一人、それぞれの牧歌的光景を思い浮かべる………金子みすずの「みんな違って、みんないい」という言葉が思い出しました。
次回は「時の踊り」です。


カラヤンとベルリン・フィルハーモニー蜜月の関係が生む美の極致

「帝王カラヤン」と称されていた1976年に録音されたベートーヴェン「交響曲第6番《田園》」の演奏です。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団による丁寧で美しい音色に彩られた演奏ですから、カラヤン美学に対して距離を置く人もいるでしょうが、虚心坦懐の気持ちで音楽に接すれば、これだけ心地よく完璧な演奏を提示してもらって悪いはずはないでしょう。
ベルリン・フィルの音楽監督に就任して20年経った頃の演奏です。

カラヤンはまさしくオケを完全に手中に収めて、自分の感性通りの音楽を鳴らしています。

第4楽章Allegro「雷雨、雨」での一糸乱れぬ見事なアンサンブルと表現力を前にしてどのように批評しても悪くは言えません。
ベートーヴェンが「ハイリゲンシュタットの遺書」を書いてから6年後に、この「交響曲第6番《田園》」を作曲したことが素晴らしいですね。

自然を謳歌し、その生命力を賛美した作品を書くまでに立ち直った精神構造を称えたいと思います。


最終楽章である第5楽章llegretto「牧人の歌、嵐のあとの喜ばしい感謝の感情」を聞きますと、自然を描写した標題音楽のような形を取っていますが、実は自分を襲った過去の境遇にくじけない人間讃歌のような感情が演奏から聴き取れます。


煌びやかで圧倒的な音圧で迫ってくるベルリン・フィルハーモニーは世界最高峰の管弦楽団でしょうし、68歳カラヤンの自尊心に満ちたベートーヴェンが展開されていました。
序曲「コリオラン」は好きな作品で、40年近く前にミニチュア・スコアを購入したことがある思い出の曲です。

劇的で強い印象を持つと同時に美しいメロディを展開した序曲ですから、このカラヤンもまた良い感じを受けましたね。


自然な演奏
速いテンポだが、とても自然に感じる。


真の意味での田園といえるんじゃないかな?
第4楽章が飛ばしてて最高。
ベートーヴェン:交響曲第6番
カラヤン(ヘルベルト・フォン)

シャネル 財布
[PR]
by yukaning1 | 2010-10-02 22:35 | 音楽