星空のように

カテゴリ:話題( 3 )

心を問いかけられる

天童 荒太の悼む人

心を問いかけられる

読み進める中で気がついた。静人が巡った死にまつわる事故・事件は、酷似したケースを過去に一度は報道で目にしているものばかりだ。そして忘れていた。何気ない日常の中で、赤の他人の最期を哀れんだ事は数えきれないほどあるというのに、一瞬の幻影のような痛みで記憶は流れていく。静人の行動に共感するしないではなく、とても単純に生と死への問いかけを与えてくれるのが本書だと思う。丁寧にゆっくりと淡々と問いかけられる。自分なりの答えを考えてみた。私は地面を歩くときも、遠い死者の幻影ではなく足元で生きる小さな命の鼓動に気がつきたい。忘却を受け入れる代わりに、今を生きてる少しでも沢山の命に気がつきたい。いつかまた自分の歩み方を問う日がくるような気がする。その時に再び心して本書を開こうと思う。


圧巻の主人公に脱帽。

天童荒太さんに脱帽と言った方が正しいですね。

『悼む人』は登場人物のキャラクターが素晴らしいです。
主人公の青年の対比としての蒔野と言う人物が出てきますが、
蒔野は序盤から私たちを物語へとグイグイ引き込みます。

本書は、主人公を取り囲む周囲の人物の視点で物語が展開されていきます。
母親の死や娘の出産など、いろいろな死生観が出てきます。
特筆すべきは、主人公の死生観です。

成熟していない青年の価値観は自分の経験則から形成されており、
私個人は、その未熟さゆえに陥りそうな主人公の発想に、
想像されたキャラクターとは思えないほど、
非常に人間らしさを感じました。

それだけに、主人公の言葉を本の中でもっと聞きたかったなと、
読後は残念に思いました。

生死について語り振舞う場面の多い作品ではありますが、
私自身は重苦しさを感じずに読め、
主人が次に何を言い出すのかと大変興味をそそられました。

読み終わると、
表紙の挿絵が物語の雰囲気を十分に表しているように思え、
それでこれか、と納得でした。

本の完成度としては5満点で★6つですね。
面白いかどうかっていち読者の視点で★4つ。
納得の直木賞受賞作と思います。

ただし、決してエンターテイメントではないと思います。
唯物論者や物事を深く考えることが嫌いな人には、
心に響かないかもしれません。

でも『悼む人』は、文庫になったら必ず友達にすすめます(文庫派が多いので)。


リアリティある人物描写

いきいきとしたリアリティあるれる人物描写がすごい。
読後は主人公が近くにいる気配を感じるほど。
構想に7年かけたという力作。

悼む人

イイタイ
フィッシュオン!
[PR]
by yukaning1 | 2010-11-02 22:44 | 話題

饒舌な悪ふざけ

ギャグ小説
かなり尖った小説ではないでしょうか。
全8編の連作短編集で、フォント、段組み、フォーマット、紙の質まで微妙に違う。
極めつけはひも状のしおりが計四つも付いている。
原価は相当高そう……
なんて読者がそこまで考えなくても良いでしょうってことで。

そんな本の作りだけ取っても『ギャグ小説』が成り立つのではと思いますが、
こち亀やバカボンとのコラボ作品あり、有名作家の名前をちょいと変形させたり、
知っている人には思わず笑いがこみあげてきます。
特にこち亀はキャラを熟知しているだけに、小説ではどうなるか期待して読んでました。

小説の真髄であったり、リアリティーがないから漫画的という表現はおかしいなんて議論も展開してくるので、ギャグの中にも勉強になるくだりもあります。


饒舌な悪ふざけ連作集
この世にこれだけ「ギャグ漫画」というものが隆盛しているのだから、「ギャグ小説」なるものがあってもいいではないか、ということで作られた作品であるらしい。作者自身の作品では「どすこい。」という傑作もあるのだから、これは目新しい事業ではないけれど、それでもやはり小説でギャグを成立させるのはかなりの難事業なのだろう。「どすこい。」に比べるとかなり見劣りし、この作品集で成功しているのは、有名まんがを取り入れた「ぬらりひょんの褌」と「巷説ギャグ物語」だけだと思うからである。とくに後者は赤塚不二夫との共作である。ギャグまんがなのに読んでいて少し泣けたのは、古き良き60年代を思い出させる、今の若い人にはわからない昔の赤塚スターたちの影がほの見えたからであった。私にとって、この厚い本を読んだ価値は、ここだけにあったと言ってよい。

これ以外の作品は、要するに弱いものいじめで楽しむ悪ふざけ作品集である。キャラクターの個性が弱いので、スラップスティックコメディとしても大分無理がある。読みながら私がずっと思い続けたのは「時間が勿体ない」ということであった。

まんがなら(比較の問題として)簡単なことが、小説ではこれだけ難しい。私以上の世代の人には無闇にまんがを貶める人が少なくないけれど、この作品は期せずして、まんがというジャンルが立派に小説と対峙しうることを証明したと思う。

申し訳ないが…つまらない
京極夏彦の作品はうぶめの夏から全てになる目を通してきました。自分は大好きな作家さんです。ですが…生まれて初めて最後まで読めない本がこの本でした。この本が好きな方には申し訳ないけど、こち亀ぐらいですね。面白いと思ったのは。まー、毎回同じ展開ただイライラする長いだけの文章…凄い面白い物書ける人だけにこれはないなぁって感じです。他の作品は好きなんですけどね。これはおすすめしません

南極(人)
京極 夏彦

クロエ バッグ
[PR]
by yukaning1 | 2010-10-16 18:48 | 話題

途中で読むのを挫折した

モノローグのような不思議な作品。評価不能・・・
 本の概要を誰かに紹介する時、どう表現すればいいのか悩む本がありますが、本作はその代表格だと思います。そうね?まあ読んでみて、としか言えない本のように思いました。
 強いて言えば、臆病でちょっと精神的に参っている感じの繊細な女の子の独り言のような文章と言ったら的外れでしょうか?(作者の川上氏が精神的にまいっているという意味ではありません。念のため)。
 本書は、本能的・情動的な要素と精神的・哲学的な要素がごちゃまぜになっていて、両者の間を行ったりきたりしている印象を受けました。読み手によっては、「わけわからんわ」と感じる人が多いのではと思います。正直、私にも理解できませんでした。
 また、子供のころ持っていた純粋な感性がさりげなく現れたりして、芸術作品の香りも漂ってきます。そうなると、ますます「わけわからん」の状態になります。
 分かる人にとっては分かる作品(つまり読み手を選ぶ作品)なんだろうなと思いました。初めて読んだとき、ヘンリー・ミラーの『北回帰線』に似ているなと感じました。

中原中也賞受賞作
川上未映子は、大阪出身のミュージシャンであるいう共通点と、
観念的な文体から、町田康と比較されますが、
同じ大阪弁で書かれていても、
出生地の堺と京橋の言葉のイントネーションの違いや、
片やパンクロック、片やバラードの音楽性にも表れているように、
彼女の文章には、町田康の外に向う暴力性に比べて、
女性特有の子宮で世界を捉えている内向的な隠微さがあり、
メランコリックな生理を伴う感情のゆらぎを、
覗き見している危うさがあります。

中原中也賞を受賞した詩集だと聞いて読んだのですが、
詩とも散文ともつかない言葉のコラージュと言った趣のある
言葉遊びのような作品で、意味を探ろうとして読み進んでいくと、
とことん裏切られていきます。

『乳と卵』で芥川賞を受賞する前の『ユリイカ』に寄稿した
初期の4篇と新たに書き下ろされた3篇で構成されていますが、
読者を意識して書かれた余所行きの書下ろし作よりも、
何の制約もなく思うがままに書かれた初期の荒削りな作品の方が、
彼女の心のあせりが素直に書かれていて、私は好きです。(65点)


文章についていけない
途中で読むのを挫折した。 文章がねぇ・・普通の日本語がしみついている私にはついていけなかった。
詩的感性にあふれたポップな文章だと思いますよ。しいていえば、町田康の少女版ですか?
著者はけっこうな年齢ですけどね。 町田康は好きなんだけど・・・・芥川賞選考の先生方は
こういう小説に弱いですよね。 老年でこの手の感性に満ちた文章書けないもんなぁ。
芥川賞とりたいと思っている作家志望の人には参考になると思います。
私には「この本読めんわ読みづらいわもうええわ」でした。

先端で、さすわさされるわそらええわ
川上 未映子

チャムス
[PR]
by yukaning1 | 2010-10-08 17:26 | 話題