星空のように

『姿三四郎』のモデルとなった男

なぜか武田惣角の方が目立ってしまう…
姿三四郎のモデルと言われる、講道館の西郷四郎の小説です。
タイトルどおり、『山嵐』で相手をばったばったと倒していくシーンも満載です。

ただ、この作品の前作にあたる(と言ってよい)『惣角流浪』に続けて読んだせいか、大東流合気柔術の武田惣角の方が結構目だってしまうところがいくつかあります。

フィクションでしょうが、『大東流』の名前の由来が、仮説的にこの本の中で登場します。

全体的に読み物としても面白いので、買って損はないと思います。

『姿三四郎』のモデルとなったといわれる男
会津藩士の家に生まれ、戊辰戦争後、家老であった西郷頼母の養子となり、上京して講道館に入門、得意技の「山嵐」で並み居る強敵を投げ飛ばし講道館にその人ありと謳われ、富田常雄の小説『姿三四郎』のモデルとなったといわれる西郷四郎が主人公の時代小説。
四郎をただの柔道が強い武道家としてだけではなく、夢と現実のギャップに悩み苦しむ一人の男として描いており、また、一世を風靡し有名だった講道館時代のことばかりでなく、あまり知られていない、そこを出奔してから後のことも書かれていて、とてもおもしろく読めました。
武田惣角や李書文など、知る人ぞ知る人物も登場、格闘技ファンの人にも一読をおすすめします

『姿三四郎』のモデルとなった男
会津藩士の家に生まれ、戊辰戦争後、家老であった西郷頼母の養子となり、上京して講道館に入門、得意技の「山嵐」で並み居る強敵を投げ飛ばし講道館にその人ありと謳われ、富田常雄の小説『姿三四郎』のモデルとなったといわれる西郷四郎が主人公の時代小説。
四郎をただの柔道が強い武道家としてだけではなく、夢と現実のギャップに悩み苦しむ一人の男として描いており、また、一世を風靡し有名だった講道館時代のことばかりでなく、あまり知られていない、そこを出奔してから後のことも書かれていて、とてもおもしろく読めました。
武田惣角や李書文など、知る人ぞ知る人物も登場、格闘技ファンの人にも一読をおすすめします。

山嵐
今野 敏

ベネフィーク
[PR]
by yukaning1 | 2010-10-18 18:04 | 生活